ホーム > ニュース > 県内ニュース

ニュース

新型コロナ 新たに男女45人の感染発表

2021/01/15 20:35

三重県は15日、小学生から90代の男女45人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表しました。1日に発表される感染者の数は過去最多を更新した今月9日の49人に次いで、2番目に多い数となります。新たに感染が発表されたのは伊賀市で9人、名張市で7人、四日市市と尾鷲市で5人、桑名市と鈴鹿市、伊勢市でそれぞれ3人などあわせて45人です。このうち4人は、すでに感染が確認されている尾鷲市に住む会社員の同僚で、この会社では5人の感染が判明したため、三重県はこの会社でクラスターが発生したと発表しました。この会社に勤めているのは7人で、残りの2人は陰性が確認されていて、三重県では引き続き健康観察を続けるとしています。県内の感染者はのべ1717人となりました。なお、15日時点の病床使用率は59.9%で、入院患者のうち5人は重症だということです。ところで、津なぎさまちと中部国際空港を結ぶ「津エアポートライン」は、新型コロナウイルスの感染拡大を予防するため、18日から当面、全ての便を運休にすると発表しました。

イベント情報

ただいまイベント情報はありません

イベント情報RSS

イベント情報へ

みえもんピックアップ情報

記事はありません。