メニュー

  • ええじゃないかとは?
  • 出演者
  • 旅の予定
  • 旅の足跡
  • プレゼント
  • GYAO!配信
  • [三重県の観光情報はコチラ!]
    観光三重

旅の足跡

「上方文化を感じるふれあい旅」
(大阪府大阪市)  [20.11.02放送]

喜多さんの子孫捜し』の旅に出発 大阪のど真ん中で長く息づいて親しまれ続けている「大阪ならでは」のさまざまな文化にふれる旅。
食いだおれにお笑いにと、魅力的な文化のルーツを探ります。
まずは大阪ミナミの繁華街にありながら、落ち着いたなにわ情緒を漂わせている「法善寺横丁」へ。
織田作之助の小説「夫婦善哉」、歌謡曲「月の法善寺横町」などの舞台となったエリアで文学や文化、人々とのつながりを感じます。
さらに、古くから人々を楽しませる芸事文化を学ぶため、「上方浮世絵館」へ。
江戸時代、上方を盛り上げた人気の役者さんのお話を聞いたり、摺りの体験をしたりと当時へタイムスリップ気分。
そして、大阪といえば外せないのがグルメ!
創業当初から変わらない味を守り続ける「大阪といえば」な歴史あるお店をピックアップ。
これからの季節にぴったりなあったかグルメを中心に、大阪の食文化をいただきます!
大阪ミナミのど真ん中で、上方文化を感じるふれあい旅です!


[ロケ地:大阪府大阪市]

取材先一覧

■法善寺 大阪府
大阪市中央区難波1-2-16
古き良き浪花情緒を感じる「法善寺」。
「水かけ不動さん」として親しまれている不動明王は、法善寺横丁のシンボルです。
詳細
■自由軒 難波本店 大阪府
大阪市中央区難波3-1-304
明治43年創業の西洋料理店。
看板メニューの「名物カレー」は、一度食べたら忘れられない美味しさ!
詳細
■夫婦善哉 大阪府
大阪市中央区難波1-2-10
看板メニューは、2つのお椀にわかれたぜんざい。
明治16年から長きに渡り、浪花の甘味処として親しまれています。
詳細
■上方浮世絵館 大阪府
大阪市中央区難波1-6-4
上方の浮世絵文化にふれることができます。
浮世絵の摺り体験も楽しめますよ。思い出づくりにいかがですか?
詳細