トップへ

●第一話 『日本の神々』
      4月24日(土)21:00〜21:55放送 / 5月1日(土)21:00〜21:55再放送

 三重県伊勢市にある「伊勢神宮」天照大御神の食を司る神さま豊受大御神をまつる「外宮」。
 伊勢神宮外宮の神官を代々務めた「度会氏」ゆかりの三重県松阪市にある「阿射加神社」を訪ね、神さまがまつられるようになった経緯や、神社周辺の人々の信仰の成り立ちを考えます。

 また、神社が風景に溶け込むようにある日本では、「海の神」「風の神」のような自然の神々や、衣食住・産業に関わる神々など、多くの神々がまつられています。
 日本の神々が、どのようにまつられていき、そして神社がどのようにしてできていったのか。 その歴史をたどりながら、日本の神々の「かたち」を考えます。
 

[出演]
 東儀 秀樹(雅楽師)
 音羽 悟(神宮司庁広報室広報課長)
 松本 明徳(阿射加神社 宮司)
 穂積 裕昌
 (三重県埋蔵文化財センター 調査研究4課長)
[ナレーション]
 向 ますみ