ホーム > ニュース > 県内ニュース

ニュース

三重県議会開会 知事「コロナ対策に万全期す」

2021/01/15 16:56

年間を通して議会を開く「通年制」を採用している三重県議会が15日に開会し、鈴木知事は、厳しい状況が続いている新型コロナウイルスの予防や対策に万全を期すと抱負を述べました。本会議で鈴木知事は、「県としても医療提供、検査体制の充実を最優先で進めることはもとより、県内経済や産業の再生にもスピード感を持って全力を尽くすと」述べた上で、東京オリンピックの直後、新型コロナ発生後最初の国体となる「三重とこわか国体」について「国体史上初となるオンライン式典など、創意工夫を凝らして成功に導く」と意気込みを述べました。また、日沖正信議長は新型コロナウイルス対策の議会での迅速な審議やポストコロナ時代を見据えた新たな価値観についても議論を深めることが必要として「提出される議案や県政の諸課題について活発な議論をお願いしたい」と話しました。三重県議会の会期はきょうから12月21日までの341日間となります。

イベント情報

ただいまイベント情報はありません

イベント情報RSS

イベント情報へ

みえもんピックアップ情報

記事はありません。