NEWS県内ニュース/詳細

男子エペ代表内定のフェンシング山田優選手 「日本に勝利を」 決意新た

フェンシング男子でパリオリンピックの日本代表に内定した三重県鳥羽市出身の山田優選手が8日、鳥羽市役所を訪れオリンピックへの抱負を語りました。

山田選手は鳥羽市出身の30歳で、東京オリンピックのフェンシング男子エペ団体では金メダルを獲得。

26日に開幕するパリオリンピックでも男子エペの代表に内定していて、2大会連続のメダル獲得が期待されています。

8日、鳥羽市役所を訪れた山田選手は、中村市長に前回大会で金メダルを獲得したことをふまえ「フランスはフェンシングの本場。チャレンジャー精神で挑んでいきたい。自分のフェンシングを見せてそして日本に勝利を届けたい」と意気込みました。

中村市長は「東京オリンピックからの3年間、どこに行っても鳥羽の名前を出せば山田選手の活躍のことを聞かれた。本番まで体調を整えて練習の成果を出してほしい」と期待の言葉を述べました。

県内ニュース一覧に戻る

ページトップへ