NEWS県内ニュース/詳細

松阪商と白子がコールドで1回戦突破 高校野球三重大会 各地で熱戦

 夏の高校野球三重大会2日目の7日、県内4つの球場で8試合が行われました。

 ドリームオーシャンスタジアムの第1試合、松阪商業が伊賀白鳳と対戦しました。

 1回表、伊賀白鳳は2番・福喜田がレフトオーバーのツーベースを放ち、チャンスを作ると、3番・鹿道の打席で、相手バッテリーのミスの間にホームを狙いますが、タッチアウト。先制点にはなりませんでした。

 対する松阪商業は、2回裏、1アウトランナー2塁で7番・藤村がタイムリー、さらに、9番・長谷川にもタイムリーヒット。チャンスをものにした松阪商業が2点を先制して、試合の流れを引き寄せます。

 松阪商業は、続く3回裏に一挙6点を奪い突き放すと、エース・八木を中心に投手陣が伊賀白鳳打線に得点を許さず、5回コールドで2回戦へ駒を進めました。

 4回を投げて無失点だった松阪商業の八木投手は「自分の中でリズムを作りました。ストライクは先行できなかったが、上手く相手を打ち取って良いピッチングができました」と自身のピッチングを振り返りました。

 同じく松阪商業の米満悠真主将は「今日のように次々とヒットが出るとは思えないので、粘り強くリズムを引き寄せて戦っていきたいです」と2回戦以降の試合について、気を引き締めています。

 ドリームオーシャンスタジアム第2試合は、白子が青山と対戦しました。

 1回裏、白子はノーヒットで2点を先制すると、2回裏にも5本のヒットなどで5点を追加し、リードを広げます。

 一方、追いつきたい青山は、3回表に2本のヒットで1塁3塁のチャンスを作りますが、あと1本が出ません。大量得点で相手を突き放した白子が、5回コールドで5年ぶりの1回戦を突破しました。

 白子高校の清水主将は「次に戦う神村学園とはよく練習試合もしているが、負けることが多いので、夏の大会では勝って練習試合とは違うところを見せたいです」と次の試合に向けて語りました。

 その他の球場の試合結果、四日市霞ケ浦球場の第1試合。四日市商業と海星の一戦は、1対11と海星が5回コールドで勝利しました。第2試合の暁対津工業は、3対1で暁が2回戦進出です。

 津球場公園内野球場の第1試合、津東と神村学園伊賀の一戦は、3対4と接戦を制した神村学園伊賀が勝利しました。第2試合の名張対津は、1対5で津が名張に勝って2回戦進出です。

 ダイムスタジアム伊勢の第1試合、鳥羽対上野は、0対10で上野が5回コールド勝ち。第2試合の水産と桑名西は、0対7と序盤から得点を重ねた桑名西が8回コールド勝ちで、2回戦へ駒を進めました。

 高校野球三重大会、次は13日に1回戦8試合が予定されています。

 三重テレビでは、ドリームオーシャンスタジアムからの2試合を生中継と生配信で放送し、他球場の試合はバーチャル高校野球で生配信する予定です。

県内ニュース一覧に戻る

ページトップへ