NEWS県内ニュース/詳細

被災地への支援状況や避難所運営の課題 三重大研究員が能登半島地震の調査結果発表

 三重大学で地域の防災・減災について調査する研究員らが、能登半島地震での調査結果を発表する公開シンポジウムが8日、津市の三重大学で開かれました。

 三重県と三重大学でつくる「みえ防災・減災センター」と、三重大学の「地域圏防災・減災研究センター」が共同で開いたものです。

 シンポジウムでは三重県が行った支援状況や避難所運営での課題など、研究員がそれぞれのテーマで取り組んだ調査結果を発表したほか、「みえ防災塾」で学ぶ受講生が研究成果を発表しました。

 また、三重大学大学院工学研究科の川口淳教授は、能登半島地震の被害の特徴や今後の対策について発表しました。

 川口教授は、国が想定していた被害規模を大きく超えていたことを指摘し、三重県では正しい被害想定に基づく対策が必要だと訴え、集まった参加者は熱心に聞き入っていました。

県内ニュース一覧に戻る

ページトップへ