NEWS県内ニュース/詳細

信号のない交差点で男性はねられ死亡 21歳会社員の男をひき逃げの疑いで逮捕

 三重県名張市の交差点で80代の男性がはねられ死亡する事故があり、警察はひき逃げ事件として犯人の行方を追っていましたが、21歳会社員の男をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。

 逮捕されたのは、名張市東町に住む会社員の保田怜音容疑者(21)です。

 警察によりますと、保田容疑者は8日午後8時頃、名張市東町の信号のない交差点で、横断歩道を歩行中の近くに住む88歳の男性を軽四自動車ではね、そのまま逃走した疑いが持たれています。

 事故から約20分後に保田容疑者が自ら警察に電話し、駆け付けた署員が保田容疑者を取り調べ逮捕しました。

 男性は発見後に病院に運ばれましたが、約1時間半後に死亡が確認されました。

 警察では、事故の経緯などを詳しく調べています。

県内ニュース一覧に戻る

ページトップへ