NEWS県内ニュース/詳細

小学生4人が校外学習後に熱中症の疑いで救急搬送 症状は軽症 三重・桑名市

 三重県桑名市の小学校で、4年生の児童4人が熱中症の疑いのある症状を訴え、病院で手当てを受けました。いずれも症状は軽いということです。

 桑名市教育委員会などによりますと、6日午後1時すぎ、桑名市立大山田北小学校から児童4人が頭痛や吐き気などを訴えていると119番通報があり、病院に運ばれました。

 搬送されたのは4年生で、いずれも9歳の男子児童2人と女子児童2人です。

 4人は熱中症とみられ、症状は軽いということです。

 学校では午前中に校外学習を行い、学校に戻る途中から4人は体調不良を訴えていたということです。

 6日の桑名市内は正午前に最高気温27.4度を記録し、校外学習中、児童は帽子を身に着け、水分補給も行っていたということです。

県内ニュース一覧に戻る

ページトップへ