NEWS県内ニュース/詳細

天皇皇后両陛下ご臨席「全国豊かな海づくり大会」に向け 児童がマダイの稚魚放流 三重・南伊勢町

 来年秋に三重県で開催される「全国豊かな海づくり大会」に向け、開催地となる南伊勢町の子どもたちが6日、マダイの稚魚を放流しました。

 大会に向けた気運を高めようと、県内各地の沿岸や河川で様々な生き物の稚魚などをリレー形式で放流するものです。

 1回目となる6日は、南勢小学校の4年生約20人が参加し、県の施設でふ化し、南伊勢町の種苗センターで育てられた体長8センチほどのマダイの稚魚約5000匹を放流しました。

 子どもたちは「大きな鯛に育ってほしい」と話していました。

 また、地元の水産業について学ぼうと、ヒレに印を付けたカサゴやヒラメの稚魚も放流しました。

 「全国豊かな海づくり大会」は、資源保護などを通して水産業の発展を図ろうと開かれるもので、天皇皇后両陛下がご臨席されている4大地方行事のひとつです。

 来年秋に南伊勢町と志摩市を会場に開かれ、大会までに県内各地でリレー放流が行われる予定です。

県内ニュース一覧に戻る

ページトップへ