NEWS県内ニュース/詳細

熊野古道三木峠でクマか 登山客が目撃し通報 4月以降3件目の情報

 三重県尾鷲市の熊野古道三木峠で、登山に訪れた男性がクマらしき動物1頭を目撃し、警察に通報しました。

 尾鷲市によりますと4日午前10時頃、尾鷲市古江町の熊野古道三木峠の山頂付近で、東京から訪れた男性がクマらしき動物1頭を目撃し、警察に通報しました。

 男性が持っていた笛を吹くと、クマらしき動物は山の中に逃げて行ったということです。

 男性にケガはありませんでした。

 尾鷲市によりますと体長約50センチの子グマとみられ、尾鷲市は登山客や付近の住民に注意を呼びかけています。

 尾鷲市では昨年度、クマの目撃情報が7件寄せられ、今年4月以降では今回が3件目となります。

県内ニュース一覧に戻る

ページトップへ