NEWS県内ニュース/詳細

「大きくなって」アマゴの稚魚1万5000匹を川に放流

 かつての豊かで美しい川の姿を取り戻そうと1日、三重県いなべ市の山間部を流れる川にアマゴの稚魚が放流されました。

 このイベントは、環境の変化にともないウナギやアマゴなどの生き物が減少したことから、天然活力液を製造販売するフローラが毎年、地元の自治体とともに行っているイベントです。

 初夏の日差しに恵まれたこの日は、住民らを中心に約250人が参加、和歌山県の日高川漁業協同組合で育てられた体長10センチほどのアマゴの稚魚1万5000匹を放流しました。

 参加した子どもたちは、バケツに入れてもらった小さなアマゴを「大きくなぁれ」と願いながら川に流していました。

 参加した子どもたちは「魚がいっぱいいて楽しかったです。大きくなってほしいです」などと話していました。

 また、アマゴを放流したフローラの創業者川瀬善業さんは「大阪や名古屋から釣りをする人が来て、よく釣れると言っていることから、アマゴを放流した成果が出ているのではないかと思っている」と笑顔を見せていました。

県内ニュース一覧に戻る

ページトップへ