NEWS県内ニュース/詳細

紀北町で今年最高の37.2度観測 体温を超える危険な暑さ 三重の南部中心に気温上がる

 9日も気温が上がり、三重県紀北町では今年最高の37.2度を観測するなど、体温を超える危険な暑さとなりました。

 9日の三重県内は日本海側から南下する梅雨前線の影響で湿った空気が流れ込み、北中部は曇り空だったものの、晴れた南部を中心に気温が高くなりました。

 紀北町で37.2度まで上がったのをはじめ、熊野市で36.7度、尾鷲市で36.3度と体温以上となりました。

 熱中症の危険性が極めて高くなるとして、三重県には9日「熱中症警戒アラート」が発表されています。

 エアコンを使用し室内を涼しい環境にしたり水分や塩分をこまめに補給するなど、熱中症にならないよう対策をとってください。

県内ニュース一覧に戻る

ページトップへ