NEWS県内ニュース/詳細

「一球一打に熱い思い。心に大輪の花」 高校野球三重大会 津高主将が選手宣誓

 球児たちの熱い夏が始まりました。夏の高校野球三重大会の開会式が5日、四日市ドームで行われました。
 
 今年からは、熱中症対策として屋内の四日市ドームで行われました。

 去年の優勝校いなべ総合を先頭に、1つの連合チームを含む県内62校・60チームが堂々と入場行進しました。

 津高校の中尾早玖キャプテンが選手宣誓を務め、「一球一打に熱い思いを込め、これまで支えてくださった全ての方々の心に大輪の花が咲く忘れられない夏にすることを誓います」と力強く宣誓しました。

 今年の大会は暑さ対策として、気温が高くなる午後の試合を避けるため、1球場原則1日2試合までとし、熱中症特別警戒アラートが発表された場合、翌日の試合は中止となり順延となります。

 夏の高校野球三重大会は、きょう6日から1回戦が始まり、順調に進めば28日に決勝戦が行われ、甲子園に出場する三重県代表校が決まります。

 三重テレビ放送では1回戦から決勝戦の模様を実況生中継で放送する他、全試合をバーチャル高校野球で配信しています。

県内ニュース一覧に戻る

ページトップへ