出演:
浅葉 克己(アートディレクター)

山口 文章(高野山真言宗 開創法会事務局長)
大川 吉崇(学校法人大川学園 理事長)
植島 啓司(宗教人類学者)

 高野山は、和歌山県伊都郡高野町にある標高約1,000m前後の山々の総称。平安時代の弘仁10年(819年)頃より弘法大師空海が修行の場として開いた。現在は「壇上伽藍」と呼ばれる根本道場を中心とする宗教都市を形成している。 山内の寺院数は高野山真言宗総本山金剛峯寺(山号は高野山)をはじめ117か寺に及び、その約半数が宿坊を兼ねている。 平成16年(2004年)7月7日、高野山町石道と山内の6つの建造物が熊野、吉野・大峯と共に『紀伊山地の霊場と参詣道』としてユネスコの世界遺産に登録されている。
 今回、高野山を訪ねたのは世界的に知られるアートディレクターの浅葉克己さん。 平安末期の武将・平清盛が金剛峯寺に 寄進したとされる重要文化財「両界曼荼羅図」(血曼荼羅)の複製プロジェクトを立ち上げるなど、高野山とも縁の深い人物。 また、浅葉さんは、世界中の「文字」を研究していることから、弘法大師・空海の文字について深く興味を抱く。
 特に浅葉さんが興味を持ったのは、高野町石道などに多く見られる「五輪卒塔婆」。ここに記された5つの文字は、空海の思いそして真言密教の理念が込められているという。 古の旅人たち、そして浅葉さんは、この地で何を感じたのか?

放送予定