出演:
市川 猿之助(歌舞伎役者)

九鬼 家隆(熊野本宮大社 宮司)
安井 理夫(熊野湯の峰温泉内湯民宿小栗屋 主人)

和歌山県田辺市にある熊野本宮大社。「伊勢路・中辺路・小辺路・大峯奥駈道」など、多くの熊野参詣道が交差する熊野信仰の重要な拠点。「家津御子大神」を主祭神として祀られ、これは「スサノオノミコト」の事と考えられているが、熊野本宮大社には「イザナミノミコト」を連想させるいくつかの痕跡が残されている。果たして、熊野本宮の神とは一体何者なのか? そのミステリーに迫るのが、花形歌舞伎役者の四代目・市川猿之助さん。猿之助さんは、湯の峰温泉から本宮大社までを結び、かつて修験僧や神官など、限られた人だけが通った道「大日越え」に挑戦。熊野はなぜ浄土を求める人々の聖地となっているのか?旅を通してその理由を考える。熊野地方には古くから、「一遍上人」や「和泉式部」にまつわる伝説や民話が語られているが、その中でもとりわけ有名なのが「小栗判官物語」。地獄から送り返された餓鬼阿弥(小栗判官)が、治癒のため湯の峰温泉へ向かう物語である。実はこの物語、市川猿之助さんと深いかかわりがあった。

放送予定