メニュー

  • ええじゃないかとは?
  • 出演者
  • 旅の予定
  • 旅の足跡
  • 放送局と時間帯
  • プレゼント
  • 動画
  • [旅の一枚 募集中!]
    旅の一枚 募集中
  • [2007年4月〜2015年3月のデータ]
    過去の旅の足跡
  • [三重県の観光情報はコチラ!]
    観光三重
  • ホリチョイ本 第2弾
  • [ご意見・ご感想はコチラへ!]
    お問い合わせ

次回のええじゃないか。

『旧東海道の名所をええ旅さがし』 [16.08.01放送]

今回は三重県四日市市から鈴鹿市へと旧東海道の名所を旅します。
旅のスタートは旧東海道の四日市宿。二人は江戸時代の絵図を広げて、コンビナート群となった現在との違いにびっくり。ここでは江戸創業の和菓子店で名物のまんじゅうをいただきます。その後伊勢街道と東海道の分岐点となる「日永の追分」や三重県の語源の地と伝わる「杖衝坂」などを訪ねます。
続いて向かった鈴鹿市では石薬師宿とその近くにある「佐佐木信綱記念館」へ。佐佐木信綱は地元石薬師出身の歌人で、唱歌「夏は来ぬ」の作詞者としても知られています。さらにこの界隈は古代史のヒーロー日本武尊の終焉の地でもあります。杖衝坂を通ったあとついに力尽きた日本武尊をまつっているのが「加佐登神社」。ここで、日本武尊の伝説について教えてもらいます。お楽しみに!


[ロケ地:三重県四日市市、鈴鹿市]