メニュー

  • ええじゃないかとは?
  • 出演者
  • 旅の予定
  • 旅の足跡
  • 放送局と時間帯
  • プレゼント
  • 動画
  • [旅の一枚 募集中!]
    旅の一枚 募集中
  • [2007年4月〜2017年3月のデータ]
    過去の旅の足跡
  • [三重県の観光情報はコチラ!]
    観光三重
  • ホリチョイ本 第2弾
  • [ご意見・ご感想はコチラへ!]
    お問い合わせ

旅の足跡

『山の辺の道をええ旅さがし〜前編』 (奈良県 桜井市・天理市)  [18.04.30放送]

喜多さんの子孫捜し』の旅に出発 今回は奈良県桜井市から天理市まで、2週にわたって山の辺の道を歩くええ旅さがしの第1回。
山の辺の道は、古事記にも記された飛鳥と平城京を結んでいた日本最古の幹線道路。全長は約35kmあるが、今回はハイキングコースとしても特に人気の高い桜井市から天理市までの約16kmのうち、前半部を取材します。
スタートからすぐ現れるのは、神が宿るといわれる三輪山と、三輪山を祀る大神神社。山そのものが御神体のため、本殿がないという古代の色が強く残る神社です。さらに、古墳群や山あいの小道など、まるでタイムスリップしたような光景の中を歩きます。
そのほか、地元奈良県産にこだわったとろろめしと三輪そうめんのお店など、ハイキングに出かける人へのガイドにもなる取材旅となります。お楽しみに!

[ロケ地:奈良県 桜井市・天理市]

取材先一覧

■大神神社 奈良県桜井市
三輪1422
山をご神体とする、古代の祈りのカタチが今も残っています。 詳細
■とろろめし山和 奈良県桜井市
大字三輪648−3
大和芋や三輪そうめんなど、地元奈良産にこだわっています。 詳細
■長岳寺 奈良県天理市
柳本町508
たくさんの重要文化財に囲まれた境内ではこの季節、ツツジやカキツバタが花を咲かせます。 詳細

» 一覧へ戻る