メニュー

  • ええじゃないかとは?
  • 出演者
  • 旅の予定
  • 旅の足跡
  • 放送局と時間帯
  • 目指せ!プロカメラマン
  • プレゼント
  • [別冊 週刊ええじゃないか。]
    週刊ええじゃないか。
  • [2007年4月〜2014年3月のデータ]
    過去の旅の足跡
  • [三重県の観光情報はコチラ!]
    観光三重
  • ホリチョイ本
  • [ご意見・ご感想はコチラへ!]
    お問い合わせ

次回のええじゃないか。

『郷土の偉人を取材旅!』 [14.07.28放送]

今回は三重県松阪市で郷土の偉人を訪ねる旅。
最初に訪れたのは本居宣長記念館。宣長の自筆書や愛用品、宣長が12歳から亡くなるまで暮らした旧宅「鈴屋」を見学。次に訪ねた松浦武四郎記念館では、“北海道の名付け親”と称された人物・松浦武四郎ゆかりの資料を見学し、その功績を取材します。
江戸時代、縞柄が江戸で人気となり一時代を築いた「松阪もめん」。100年近い歴史を誇る呉服屋さんでは、洋服の上からでも着られる松阪もめんの着物をレンタルして町歩きを楽しんでもらう体験プランを実施中。2人は松阪もめんの着物で町を散策し、松阪もめんの着物が似合う写真スポットを探します。
町散策で見つけた松治郎の舗(みせ)は松阪の養蜂場が直営するハチミツの専門店。様々な花のハチミツを試食させてもらい、夏におススメの「はちみつ最中アイス」を味わいます。


[ロケ地:三重県松阪市]

取材先一覧

■本居宣長記念館 三重県松阪市
殿町1536-7
■松浦武四郎記念館 三重県松阪市
小野江町383
■和創館 八幡屋 三重県松阪市
日野町589-1
■松治郎の舗 三重県松阪市
中町1873