メニュー

  • ええじゃないかとは?
  • 出演者
  • 旅の予定
  • 旅の足跡
  • 放送局と時間帯
  • 目指せ!プロカメラマン
  • プレゼント
  • [別冊 週刊ええじゃないか。]
    週刊ええじゃないか。
  • [2007年4月〜2014年3月のデータ]
    過去の旅の足跡
  • [三重県の観光情報はコチラ!]
    観光三重
  • ホリチョイ本
  • [ご意見・ご感想はコチラへ!]
    お問い合わせ

次回のええじゃないか。

『ご当地の味覚を取材旅』 [14.10.27放送]

今回は、三重県志摩市でおいしいモノを食べつくします。
まずやって来たのは「海女小屋体験」現役の海女さんのお話をうかがいながら、旬の海の幸をいただきます。また、志摩市に新しく誕生した「おもてなし隊」の方々も登場して、志摩市の魅力を教えていただきます。
続いての美味しいモノは、スイーツ。まず向かったのは畑。なんとこの畑、志摩の冬の名物「きんこ」の芋を作っているのです。このきんこを作っているのは元パティシエの若い女性。長年お父さんが作ってきた「きんこ」を今は兄弟で手伝いながら家族で「きんこ」の製造を行っています。さらに、元パティシエという経歴を活かして、新しい「きんこ」にも挑戦しています。続いてのスイーツは志摩市磯部町の伝統的お菓子「さわ餅」。お餅の歴史をうかがいながら、餅をいただきます。


[ロケ地:三重県志摩市]