メニュー

  • ええじゃないかとは?
  • 出演者
  • 旅の予定
  • 旅の足跡
  • 放送局と時間帯
  • プレゼント
  • [旅の一枚 募集中!]
    旅の一枚 募集中
  • [2007年4月〜2015年3月のデータ]
    過去の旅の足跡
  • [三重県の観光情報はコチラ!]
    観光三重
  • ホリチョイ本
  • [ご意見・ご感想はコチラへ!]
    お問い合わせ

次回のええじゃないか。

『異国情緒の旧居留地でええ旅さがし』 [15.06.01放送]

今回は兵庫県神戸市で異国からの玄関として栄えた町の歴史をリサーチします。
最初に向かったのは「神戸市立博物館」。ここで江戸時代から明治、さらに昭和へと続く神戸の歴史を学び、外国人のための居留地について学芸員さんから教えてもらいます。そして現在もかつての姿をとどめる旧居留地へフィールドワークに出かけます。
旧居留地では、ボランティアガイドさんの案内で番地をしめす碑や明治時代の唯一の建物「15番館」や昭和初期の洋風建築を見てまわり、異国に来たような雰囲気を味わいます。
そして港町神戸に新登場したのが屋形船。それも関西では珍しい、もんじゃ焼きをいただきながら神戸の夜景を満喫するという和風クルージングです。旅の締めくくりにふさわしい夜景を眺めながら旅のプランが完成です。


[ロケ地:兵庫県神戸市]