トップへ

●第七話 『祭囃子〜地車囃子と祇園囃子〜』  10月28日(土)21:00〜21:55放送

 ゲストに太鼓奏者の林英哲さんを迎えてお届けする第七話のテーマは、祭囃子。岸和田だんじり祭を中心に、京都の祇園祭など、都市で催行される祭礼行事を取り上げます。

 日本を代表する太鼓奏者である林さんが大阪府岸和田市を訪れ、岸和田だんじり会館、岸和田城、岸城神社など岸和田だんじり祭の歴史を辿ります。

 また、祭本番を前に熱気を帯びる沼町の練習場を、林さんが訪問。和太鼓を通じ、若者たちとコミュニケーションを深めます。

 番組で取り上げる祭礼行事として、平成28年にユネスコ無形文化遺産に登録された山・鉾・屋台行事の中から三重県の遺産を紹介。鳥出神社(四日市市)の鯨船行事、桑名石取祭(桑名市)の祭車行事、上野天神祭(伊賀市)のダンジリ行事の模様を伝えます。

 神輿をかく勇壮な男たちの姿、しめやかに曳行される山や鉾を彩る囃子の音色。祭囃子には人々の気持ちを鼓舞する音という意味だけではなく、祭礼の歴史的背景と関連します。
 鉦、笛、太鼓の役割など、囃子の魅力を多角的に観賞します。

[出演]
林英哲
山寺 宏一 (ナレーション)