出演:
杵屋 勝四郎(長唄) 
杵屋 勝松(三味線) 
杵屋勝十朗(三味線)

堅田 喜三久(囃子方)

和歌山県那智勝浦町にある熊野那智大社。熊野本宮大社、熊野速玉大社とともに「熊野三山」と総称され、古の巡礼者が目指した「聖地」であった。高さ133メートルから流れ落ちる那智大瀧をご神体とする自然崇拝がはじまりとされている。そんな太古からの信仰形態が残る熊野那智大社で、人間国宝の囃子方・堅田喜三久さんと、長唄の杵屋勝四郎さんが奉納演奏を行う。                                           熊野那智大社の境内に立つ那智山青岸渡寺。西国三十三所巡礼の第一番札所で、はるばる全国からやってきた巡礼者たちは、熊野三山を参詣したのち、さらに西国三十三所巡礼へと旅立ったものも少なくなかったという。神社の隣にお寺が建つ…世界的には奇異な風景が、熊野には当たり前のように存在する。                                ▽那智山の麓、JR紀勢本線那智駅近くに建つ補陀洛山寺。ここで杵屋さん一行は、とても奇妙な船を発見する。扉に釘が打ちつけられ、外へ出ることができない小さな船室。その船室を囲うように配置された赤い鳥居。その船を使って行われた「補陀落渡海」とは、人の「生死観」を考えさせられるものであった。

放送予定